読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるい戦国

お堅い戦国をゆるーく見てみるブログ

三成に過ぎたるもの

登場人物

 

羽柴秀吉

戦国ビッグ3。戦国の世を天下統一した人。

身分の高い女を好む。

顔が猿に似ているとよく言われるらしい。

 

石田三成

秀吉政権の奉行を務める。忠義の人。

頭は切れるが憎まれやすい位置にいる不運の人。

ゲームのなかではやっぱりイケメン。

 

島左近

大和国筒井順慶に仕えたのち、三成の家臣となる。

関ヶ原の戦いで戦死する。

戦は鬼のように強い。夢に出てくるほど強い。

 

 

三成に過ぎたるもの

石田三成近江国の石田村の百姓である

佐五右衛門という者の子であった。

 

近くの寺に預けられていたが

ある時、秀吉が寺に寄った際に

明敏な若者だと目にとまり

側に仕えることとなった。

 

その後、

三成はメキメキと碌を増やし

水口4万石を与えられた。

 

ある時の秀吉と三成の会話。

 

秀吉「4万石で家臣どんくらい増やしたよ?」

三成「島左近一人を家臣にしました!キリッ」

秀吉「それは世に名高きものだ。お前では抱えられないだろう」

三成「碌の半分、2万石を与えました!キリッ」

 

秀吉は驚く。(どひゃー)

秀吉「君臣の碌が同じとは今まで聞いたことがないぞ。」

  「ほうほう。そのような気持ちが無ければお前には仕えなかったかもしれんな。」

  「見事に計ったな三成よ。」(感心)

 

その後、

三成が佐和山に加増された時。

三成「左近よ。碌を増やしてやろうと思うのだが」

左近「碌にはまったく不足はありません。他のものを加増させてやってください。」

そう言って島は辞退した。

 

左近さん。マジ忠臣。

三成に過ぎたるものありと言われるだけあるね。

 

生真面目な三成の性格を好いて島左近は仕えたのだろう。

 

碌はそんなに必要ないからこの方の側に仕えたい、

2万石も貰えたからではなく、

自分の身を削ってでも家臣になってほしい。

 

そんな気持ちが左近に伝わったのかも。

左近さんはそう思っていたのだろうな。

 

無欲で忠誠心があり戦ではめっぽう強く、頼りになる。

左近さんみたいな家臣が一人はいるとありがたいよね。